森三中

まだまだ!アラサーを楽しもうよ。

“いき遅れ”森三中・黒沢絶叫「北陽〜!」

お笑いトリオ、森三中の黒沢かずこ(31)が17日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で映画「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の初日舞台あいさつを行った。

 はるな愛(37)、いとうあさこ(39)、椿鬼奴(38)ら婚活中の芸人と劇中で声優を務めており、ウエディングドレス姿で登場。ブーケトスで黒沢は「北陽〜!」と、相次いで婚約、結婚を発表したコンビ名を叫び、「いき遅れちゃった」とガックリしていた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/381450/

残りものには、福がある・・・?

品川庄司

おめでとう。

お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐に第一子

 お笑いコンビ、品川庄司の品川祐さん(37)に第一子となる女児が15日、誕生したと、所属事務所が同日、発表した。女児は2950グラムで、母子ともに健康という。品川さんは一般女性と結婚している。

 品川さんは事務所を通じて、「(妻が)妊娠してからみなさんに心配して頂いたり、喜んで頂いたりしました。そのあたたかい気持ちが伝わって無事に生まれてきてくれたのだと思います。本当にありがとうございます。最後になりますが、メチャクチャ可愛いっす」とコメントを寄せた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/380583/

本当に、おめでとう。

コラム

響、足湯が気持ち良くてど〜もスイマセン!

思わず「気持ち良くて…ど〜もスイマセン!」−。天然温泉の足湯「Mini SPA EAS」が9日、横浜市のJR横浜駅西口広場に期間限定で開業。オープニングイベントにお笑いコンビ、響が駆けつけた。

 駅前に出現した“天然温泉”に、響の長友光弘(32)は大はしゃぎ。「疲れが取れて気持ちいい!」とすっかり癒やされていた。

 この足湯は、東京ドーム天然温泉「Spa LaQua(スパ ラクーア)」がプロデュースする「ハマボール イアス(旧ハマボール)」(横浜市)の天然温泉施設「SPA EAS(スパ イアス)」の1周年記念として実施。11日までの期間限定開業だ。

 「SPA EAS」では28日まで、通常2700円(入館料+入湯税)のところを、特別優待料金1980円になる「入館料割引キャンペーン」を実施中。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/other/378749/

うらやましーーーい。

コラム

お笑い芸人がモテる本当のワケ

 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(38)と、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロインを務めたFカップ美人、倉科カナ(22)の熱愛が先週、報じられた。濱口といえば以前には、小倉優子(26)とも浮名を流した。なぜそんなにモテるのか。

濱口といえば、「めちゃ×2イケてるッ!」で発揮するおバカぶりなど人なつっこいキャラクターが売りで、「お笑い芸人の中でも、小学生の間での人気はNo.1」(放送作家)といわれる。プレイボーイのイメージとはほど遠いのだが…。

 「濱口だけではないが、お笑い芸人はとにかくマメ。美人女優を口説くのもダメモトの気持ちで、どこでも声を掛ける。ゲーム的な感覚なのかもしれないね。彼らは売り込むことが得意だし、相手のカユいところに手が届く。本当のバカじゃできませんよ」と話すのは芸能評論家の肥留間正明氏。

 最近では、次長課長の井上聡(34)と優木まおみ(30)、ロンブーの田村淳(36)と安室奈美恵(32)などお笑い芸人は依然、モテモテ。麒麟の川島明(31)と眞鍋かをり(29)の仲も続いているといわれる。

 ネタ作りに頭を使う芸人は洞察眼に優れ、博識なタイプが多いとも。その代表格が世界的な映画監督になったビートたけし(63)だ。

 「たけしさんはテレビではよく喋るが、控室では寡黙。本ばかり読んでいる。そういうギャップに女は弱いからね」(肥留間氏)

 一方、最近のテレビ業界を覆う不況の波が、お笑い芸人を後押ししているというこんな声も。

 「今やテレビはバラエティー番組が全体の5割を占めている。俳優が週にドラマ1本こなす間に、お笑い芸人は週に番組を3本掛け持ちできる。その分、お笑い芸人の方がギャラの単価は安いが数で稼げるんです。それに、有名俳優を起用してきた広告スポンサーが予算を縮小する傾向もあって、どこのプロダクションも使い勝手のいいお笑い部門の育成に力を入れています」(中堅プロダクション幹部)

 そこまで考えて付き合う女優もいないだろうが、器用なお笑い芸人の方が食いっぱぐれがないようだ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/377667/

参考にしたいですね。

北陽

スゴイ婚活ですね。

女性お笑いコンビ、北陽の虻川美穂子(35)が、7日放送のフジテレビ系「はねるのトびら 春の2時間スペシャル!」(後7・0)で恋人のカリスマシェフ、桝谷周一郎さん(37)にプロポーズすることが6日、分かった。交際2年になる彼とどうしても結婚したい虻ちゃんのために、試練を課した公開求婚の場が番組から用意された。その試練とは? また、桝谷さんが出した答えは?

 東京・青海の湾岸スタジオ。虻ちゃんがロッキーのテーマソングに乗せて、特設リングに駆け上がる。試練の場はボクシングWBC女子ライトフライ級5位、ステファニー・ダブス(米国=29)との3R勝負。約400人の観客とともに、イタリア料理店「オステリアルッカ」(東京・渋谷)のオーナーシェフ、桝谷さんも招かれていた。

 この特番企画、虻川がいかに本気で結婚を考えているか、激闘を通じて彼に知ってもらおうとロバートの山本博(31)やキングコングの西野亮廣(29)らが考案。虻川が最後までリングに立つことができれば、公開プロポーズできる。ただ、桝谷さんはプロポーズのことを知らされていなかった。

 2人の出会いは2年前、北陽がレギュラー出演するTBS系「はなまるマーケット」の共演。桝谷さんの優しさにひかれた虻川が猛アタックし、桝谷さんが虻川のファンだったこともあり交際に発展した。

 以来、彼の店でデートを重ね、愛を育んできた。「婚期を逃したくない」という不安に駆られた虻川は、昨年9月「はねトび」スタッフに相談。そこでスタッフは12月23日放送回に桝谷さんを番組に登場させ、世間に2人の交際を認知させることに成功した。

 今度は、2人の恋を成就させるために特番が用意された。虻川は元WBC世界フライ級王者、内藤大助選手(35)直伝の右アッパーと左ストレートで果敢に戦いに挑む。相手の左フックを食らいダウンする場面もあったが、最後まで立ち続けた。

 試合後、桝谷さんは場内放送に促されて「LOVE」と書かれたリング上へ。精根尽き果てた虻川は意を決してマイクを握り、「こんな私ですけど、周一郎さんのお嫁さんにしてください」とストレートに打ち明けた。

 桝谷さんは、番組スタッフに「心を打たれました」と打ち明けた。虻ちゃんは本家ロッキーのように、結婚を勝ち取ることができたのか!?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/377490/

スゴイ婚活ですね。

いとうあさこ

いとうあさこ、くびれ復活

アラフォー女芸人、いとうあさこ(39)が4日、都内で行われた「ドリーム ダイエット グランプリ 2010」に出席し、約10年ぶりのくびれを披露した。

 元日から約3カ月かけて、ダイエット食品を摂取したり、お酒の付き合いを減らすなど努力を重ねたいとうは、見事、ウエスト15.5センチ(87→71.5センチ)、体重4.8キロ(60.4→55.6キロ)減に成功。くびれを強調した上下セパレートの特製レオタード姿で登場し、「なんでだろう…イライラしない!!」と大喜び。くびれとの“再会”に「久しぶりって感じ」と目尻を下げた。

イベントではダイエットをPRするいとう主演の短編映画「運命のひと」を公開。おデブなOLが俳優、松坂桃李(21)扮するイケメン社員に恋をするラブコメディーで、いとうは「本当に好きになった」と告白。くびれの次のターゲットは男で、「イケメンでも諦めない」と、闘志を燃やしていた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/376610/

これで、芸風が変わったりして・・・


中川家

中川家、コンビ結成19年目で上方漫才大賞

 第45回上方漫才大賞(ラジオ大阪、関西テレビ主催)の発表会が3日、大阪市内で行われ、漫才コンビの中川家がコンビ結成19年目で初めて大賞(賞金100万円)に選ばれた。

弟・礼二(38)は「一人前になれた。

やっと漫才師の仲間入りした。連覇もしてみたい」とあいさつ。

奨励賞(同60万円)は笑い飯、新人賞(同50万円)は候補5組の中からスマイルが受賞。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/376445/

おめでとう。

メッセンジャー

メッセンジャー黒田、4日から活動再開

昨年末に大阪市内で傷害事件を起こし、所属の吉本興業から無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビ、メッセンジャーの黒田有(40)が4日、京橋花月の舞台から芸能活動を再開することが3日、同社から発表された。「関係者におわびして、十分反省した」ことなどが理由という。

黒田は昨年12月26日に大阪・ミナミのガールズバー店長(24)に暴行したとして逮捕され、1月12日に起訴猶予処分に。復帰の舞台では、相方のあいはら雅一(40)とメッセンジャーとして漫才を披露した後、劇場近くのホテルで会見を予定している。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/376360/

ジョイマン

ジョイマン高木、20代後半一般女性と入籍

お笑いコンビ、ジョイマンの高木晋哉(29)が20代後半の一般女性、ユリさんと先月23日に入籍していたことが1日、分かった。

 同日放送の日本テレビ系「キになる疑問解消TV 検索@ベストアンサー」(後7・0)で、高木が行った公開プロポーズのVTRをオンエア。

横浜市内のレストランで「俺はユリの笑顔が好きだから、ユリの笑顔をこれからも一番そばで見たい」と思いを吐露。「結婚してください!」とプロポーズし、ユリさんは感激の涙を流した。

 その後、スタジオで高木は入籍を報告し、ラブラブオーラ全開だった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/375795/

お幸せに。

森三中

森三中黒沢、主演「クロサワ映画」で2冠!

沖縄・宜野湾市で開催されていた「第2回沖縄国際映画祭」は28日、最終日を迎え、各賞を発表。お笑いトリオ、森三中の黒沢かずこ(31)主演の「クロサワ映画」(渡辺琢監督)が「“Laugh部門”海人賞グランプリ」と、審査員特別賞「ゴールデンシーサー賞」の2冠を獲得した。「女性芸人やっててよかったなぁと思います」と感慨に浸る黒沢は、表彰式で、喜びを得意の歌で表現。祝福の拍手と爆笑を誘っていた。

「いやぁ、ちょっと考えられないんですけど」

 まさかの栄冠だった。メンバーの大島美幸(30)、村上知子(30)が結婚して幸せをつかみ、不幸キャラが定着しつつある黒沢が、なんと“女優”として、最高の幸せをつかんだ。

 映画祭の最後を飾るクロージングセレモニー。13作品が参加した「Laugh(笑い)部門」で「海人(うみんちゅ)賞グランプリ」(賞金250万円)として読み上げられたのが、初主演した「クロサワ映画」(公開未定)だった。

 それだけでは終わらない。審査員特別賞「ゴールデンシーサー賞」にもダブル選出。Tシャツに黒と白のチェックのパンツというラフな格好で会場入りしていた黒沢は、想像もしていなかった事態に頭が真っ白。両手でほおを覆い、泣いているのかと思われたが、実は硬直していた。

 「すみません。映画の世界で“クロサワ”映画なんていうと怒られると思うんですけど」とコメントも控えめ。「沖縄にきてやることがなかったんで、ずっとテレビ見てたんです。まちゃまちゃと2日間飲みました。女性芸人やってて本当によかったです」

 女芸人の悲哀、喜び、挫折を描いた作品そのままの受賞スピーチに場内は大ウケ。同映画祭実行委員長の大崎洋・吉本興業代表取締役社長(56)は「ブスが泣くと、美人が泣くよりリアリティーがあるなと再認識しました」と、熱演をたたえて笑わせた。

 緊張で言葉が出てこないといい、即興で「オーセンキュー オーセンキュー ベリーマッチ 恥ずかしくて目が開けれない〜」と得意の歌を披露した黒沢。シーサーのトロフィー2つと賞金の目録を抱え舞台を降りると、渡辺琢監督(39)に電話で報告した。

 賞金250万円は「みんなでおいしいものを食べたいです」。喜びの中、「ダンナと2冠、どっちを選ぶ」と質問されると、「あ〜、とりあえず、子供がほしいです」と意味深発言。そっちの幸せも、意外に近い?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/374087/

世界のクロサワへの第一歩???


<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa